欢迎访问纳豆日本留学网!纳豆留学为您实现梦想!
真正免费的日本留学申请尽在纳豆留学!
当前位置: 主页 > 留日相关 > 专家答疑 > 正文

日本的“大学”、“短期大学”和“专门学校”的区别

时间:2014-10-20 09:59来源:互联网 作者:网站编辑 点击:
  • 大学とは?
  •  
  •  

大学とは?

大学は、学術的・理論的な学問を学ぶとともに、
幅広い教養を身につけるための教育を行う教育機関です。

大学での学びの基礎となる教養課程では、入学した学部・学科に関する学問のみに留まらず、さまざまな学問の基礎知識を学ぶことも可能。他学部履修制度を持つ大学であれば、専門外の学問を入門レベル以上に学べる場合もあります。

高校までとは違い、自分の興味に合わせて自分好みの時間割を作っていけるのも大学の特徴の一つ。必修科目(必ず履修しなければならない科目)により、ある程度制限はされるものの、学生の目的やライフスタイルに合わせて、自由に学生生活のスケジュールを決めることができます。ただ、中にはそのせいで、自己管理ができずに怠けてしまう人も……。

ゼミ活動、研究活動、サークル活動など、自主性と協調性が必要とされる活動も多く、社会人としての基礎力を身につけることができます。

  •  
  • 短期大学とは?

短期大学とは?

短期大学は、大学と同じように幅広い教養を身につけるだけでなく、
職業や実際の生活に役立つ能力も育成する教育機関です。

読んで字のごとく「短期」の「大学」で、短期間のうちに、教養科目と並行して専門科目や実学的な科目を学ぶことになるため、大学よりも学生生活が忙しくなりがちです。また、大学に比べて実習時間が多く、机に向かっての勉強とともに、実際に体を使っての実習によっても知識や技術を覚えていくため、卒業と同時に即戦力として働ける力を身につけられます。

大学と専門学校の良いところをあわせ持つ短期大学は、短期集中で資格を取得し、卒業と同時にその資格を活かして活躍したいという人にはうってつけの学校かもしれません。

  • 専門学校とは?

専門学校とは?

専門学校は、「専修学校専門課程※」のことで、
主に職業教育を行う高等教育機関です。

ある特定の職業に必要とされる知識・技術、資格を身につけるための学科・カリキュラムが用意され、卒業後は学んだことを生かした職業選択が行われます。

専門学校の最大の特長は、実習の多さです。卒業と同時に即戦力として働ける能力を身に付けるため、「身体で覚えること」が重視されているのです。実習時間が多い専門学校では、欠席や遅刻・早退は禁物。一日でも休んでしまうと、他の学生と比べてかなりの遅れを取ってしまうことになります。

このように厳しい面もありますが、専門学校には、夢を叶えるための勉強を十分にできる環境が整っていますので、将来の目標がはっきりと決まっている人にはおすすめです。

専門学校は、その学科の関連する職業がどの産業形態に属するかによって、「工業」「商業実務」「医療」「衛生」「文化・教養」「教育・社会福祉」「服飾・家政」「農業」の8つの系統・分野に分類されます。

※専修学校には「専門課程(専門学校)」の他、中学校卒業者以上を対象とした「高等課程(高等専修学校)」と、入学者の学歴・年齢を問わない「一般課程」があります。


------分隔线----------------------------
语言学校推荐