欢迎访问纳豆日本留学网!纳豆留学为您实现梦想!
真正免费的日本留学申请尽在纳豆留学!
当前位置: 主页 > 留日相关 > 风俗文化 > 正文

日语里的俗语谚语

时间:2014-03-13 14:58来源:纳豆留学网 作者:纳豆君 点击:

会うは別れの始まり:离别是相见的开始
 
浅瀬に仇波: 瘦狗叫的欢,半瓶水晃的欢
 
足が出る(を出す):拉了亏空,赔钱,露了马脚
 
足が速い:(食物)容易坏,(商品)卖的快,畅销
 
足に任せる:信步而行,无目的地随意行走。
 
足を洗う:洗手不干,改邪归正
 
足を付ける:搭上关系,挂上钩
 
足を引っ張る:拖后退(动漫,日剧中经常会听到这句)
 
頭かくして尻隠さず:藏头漏尾,捉襟见肘
 
痘痕も笑窪:情人眼里出西施
 
雨降って地固まる:不打不相识
 
案ずるより生むが易い:车到山前必有路
 
生き馬の目を抜く:雁过拔毛,形容敏捷狡猾的行为
 
石が流れて木の葉が沈む:太阳从西边出,不可能有的事
 
石の叩いて橋を渡る:非常谨慎
 
急がば回れ:欲速则不达
 
一も取らず二も取らず 元も子もない:鸡飞蛋打,本利全无
 
一を聞いて十を知る: 闻一知十
 
井の中の蛙、大海を知らず:井底之蛙
 
芋の煮えたもご存じない:一窍不通,什么都不懂
 
言わぬが花:少说为妙
 
浮き腰になる:定不下心,动摇不定
 
内弁慶:窝里横(只敢在家里发横、不讲理。)
 
うなぎ昇り:直线上升
 
馬には乗ってみよ、人には添うてみよ:路遥知马力,日久见人心
 
馬の耳に念仏:对牛弹琴
 
雲泥の差、天地の差、月とすっぼん:天壤之别,天地之差
 
負うた子に教えられて、浅瀬を渡る:反被比自己年轻的人教
 
大見得を切る:炫耀,夸耀自己
 
押しが強い:一意孤行
 
押しの人手で行く:硬干到底
 
落とし穴に落とし石を下す:落井下石
 
同じ穴の狢:一丘之貉
 
鬼のいぬ間に洗濯:厉害的人不在,轻松地喘口气
 
鬼の首を取ったよう:如获珍宝
 
鬼の空念仏:猫哭老鼠假慈悲
 
鬼の目にも涙:铁石心肠的人也会流泪
 
鬼の目にも見残し:老虎也有打盹的时候(就是再有本事的人也有粗心的时候)
 
鬼も十八、番茶も出花:女人十八一朵花
 
己の欲せざる所は人に施すなかれ:己所不欲,勿施于人
 
帯に短し、たすきに長し:高不成低不就
 
溺れる物は藁を掴む:在绝望的时候,对任何人都求救(溺水者攀草求生;急不暇择)
 
飼い犬に手を噛まれる:好心不得好报,落得恩将仇报
 
蛙の子は蛙:有其父必有其子 顔が売れる:出名
 
顔がつぶれる:丢脸
 
顔が立たない:丢脸
 
顔に泥を塗る:丢脸
 
影の形に添うが如く:如影随形
 
影踏むばかり:近在咫尺
 
河童に水泳を教える:班门弄斧 
 
壁に耳あり、障子に目あり:隔墙有耳
 
亀の甲より年の功:姜是老的辣
 
借りてきた猫:对周围环境不熟悉前显得很老实
 
かわいい子には旅をさせよ:疼爱子女的话则应让他们多受点锻炼
 
聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥:求救一时耻,不问终身耻
 
雉も鳴かずば打たれまい:枪打出头鸟
 
肝をつぶす:吓破胆
 
肝を冷やす:胆战心惊
 
木を見て森を見ず:只见树木不见森林
 
臭い物に蝿が集る:物以类聚
 
臭い物に蓋をする:掩盖丑恶
 
臭い物見知らず:不知道自己的缺点
 
腐っても鯛:瘦死的骆驼比马大
 
苦しい時の神頼み:临时抱佛脚
 
権力を笠に着て人を苛める:仗势欺人
 
弘法にも筆の誤り:智者千虑必有一失
 
河童の川流れ 猿も木から落ちる:智者千虑必有一失
虎穴に入らずんば虎子を得ず:不入虎穴焉得虎子
青柿が熟柿を弔う:五十步笑百步
 
転ばぬ先の杖:未雨绸缪
 
転んでもただは起きぬ:雁过拔毛
 
触らぬ神に祟り無し:没做亏心事,不怕鬼敲门 (做贼心虚)
三人寄れば文殊の知恵:三个臭皮匠顶一个诸葛亮
 
思案投げ首:一筹莫展
 
敷居が高くなる:由于欠对方情而不好意思再登门
 
地獄の沙汰も金次第:有钱能使鬼拖磨
 
舌が長い:话多
 
舌が回る:能说会道,口若悬河
 
舌足らず:大舌头,不善言辞,词不达意
 
舌を出す:对自己的过失感到难为情时吐舌头
 
舌を二枚に使う:心口不一
 
舌を振る:振振有词
 
しゃれを飛ばす:说俏皮话
 
十人十色:萝卜青菜各有所爱 
 
蓼食う虫も好き好き:萝卜青菜各有所爱  
 
春秋に富む:年轻有为,前途无量
 
知らぬが仏:眼不见为静
 
知らぬ仏より馴染みの鬼:远亲不如近邻
 
神経が鋭い:神经敏锐
 
神経が太い:感觉迟钝
 
人生万事塞翁の馬:塞翁失马,焉知非福
 
空き腹にまずい物なし:饥不择食
 
雀の涙:一点点,很少
 
住めば都:随遇而安
 
是非に及ばない:不得已,无可奈何
 
船頭多くして、船山に登る:领导太多导致混乱
 
善は急げ:好事要快
 
千里の行も足元から:千里之行始于足下
 
袖振り合うのも他生の縁:世上一切事都有前世之缘
 
高みの見物:坐山观虎斗
 
立て板に水:口若悬河
 
棚から牡丹餅:天上掉馅饼
 
魂の座った人:沉着冷静的人,胆大的人
 
男家を出ずれば七人の敵あり:在家千日好,出门万事难
 
長者の万灯より貧者の一灯:千里送鹅毛,礼轻情谊重
 
一寸の虫にも五分の魂:人小志大
 
塵も積もれば山となる:积少成多
 
爪で拾って箕で零す:挥霍浪费
 
爪の垢を煎じて飲む:学人之长补己之短,仿效优秀人物
 
爪の垢ほど:一点点
 
釣鐘に提灯:相差悬殊
 
敵は本能寺:醉翁之意不在酒
 
灯台下暗し:照远不照近,对于自己周围的事物不熟悉
 
十日の菊 六日の菖蒲:明日黄花,时过境迁
 
毒を以って毒を制す:以毒攻毒
 
鳶が鷹を生む:鸡窝里飞出金凤凰,子女胜过父母
 
友ありて遠方より来るまた楽しからずや:有朋至远方来,不亦乐乎
 
とらぬ狸の皮算用:打如意算盘
 
どんぐりの背比べ:半斤八两
 
飛んで火に入る夏の虫:飞蛾扑火
 
無い袖は振られぬ:巧妇难为无米之炊
 
流れに竿を差す:顺水推舟
 
泣きっ面に蜂:雪上加霜
 
鳴く猫は鼠を取らぬ:会捉老鼠的猫不叫
 
七転び八起き:不屈不挠,百折不回
 
習うより慣れろ:熟能生巧
 
二階から目薬:隔靴搔痒
 
逃がした大魚が大きい:错失的东西总觉得可惜
 
日進月歩:日新月异
 
盗人に追い銭:赔了夫人又折兵
 
盗人を捕らえて縄をな:临时抱佛脚
 
猫の魚辞退:猫改不了吃腥,掩饰真心的事长不了
 
猫の額:非常狭小
 
猫の目のように変わる:变化无常
 
猫は虎の心を知らず:燕雀焉知鸿之志
 
猫をかぶる:假装老实
 
喉元過ぎれば熱さを忘れる:好了伤疤忘了痛
 
薄氷をふむ「はくひょうをふむ」:如履薄冰
 
馬事東風「ばじとうふう」:对牛弹琴
 
八方睨み「はっぽうにらみ」:眼观八方,耳听四方
 
八方美人「はっぽうびじん」:八面玲珑
 
八方塞がり「 はっぽうふさがり」:到处碰壁
 
八方破れ「はっぽうやぶれ」:漏洞百出,到处是破绽
 
鼻に掛ける「はなにかける」 鼻を高くする「はなをたかくする」:自满,炫耀,高傲
 
鼻の先で人をあしらう「はなのさきでひとをあしらう」:冷淡对人
 
花より団子「はなよりだんご」:舍华求实
 
花を借りて仏にささげる「はなをかりてほとけにささげる」:借花献佛
 
日暮れて道遠し「ひぐれてみちとおし」:任重道远
 
人の振りを見て、わが振りを直せ「ひとのふりをみて、わがふりをなおせ」:看着别人的优点而改掉自己的缺点
 
人は見かけによらぬ「ひとはみかけによらぬ」:人不可貌相
 
火の無い所に煙は立たぬ「ひのないところにけむりはたたぬ」:无风不起浪
 
百聞は一見に如かず「ひゃくぶんはいちげんにしかす」:百闻不如一见

------分隔线----------------------------
语言学校推荐